東海コンファレンス2015 in 長野

 ―生物・鉱物に学ぶ最新科学と新展開-
 

主 催 日本化学会東海支部

日 時 10月7日(水)13時5分~17時50分

会 場 信州大学工学部SASTec 3階大会議室(長野市若里4-17-1) 〔交通〕JR「長野」駅より徒歩で約15分

参加申込締切 当日まで


本コンファレンスでは,酵素(ヒドロゲナーゼ)や粘土鉱物(マイカ,モンモリロナイト,チタン酸塩)をキーワードに,材料・生物無機・計算科学を専門とする講師の先生方に,基礎的な内容から最先端の研究内容までご紹介いただきます。これからの吸着科学や生物無機化学を展望します。


プログラム

開会挨拶(実行委員長/信州大環境・エネルギー材料科学研)手嶋勝弥

1.粘土鉱物と生物機能(首都大東京都市環境科学)高木慎介

2.層状ケイ酸塩およびチタン酸塩の新しい機能設計(物質材料研究機構国際ナノアーキテクトニクス研究拠点(WPI-MANA))井出裕介

3.Hybrid Organic-Inorganic Perovskites: the Renaissance of a Unique Class of Materials. A Theoretical Point of View(東大工)Giacomo Giorgi

4.量子化学シミュレーションで観察するタンパク質(東大生産技術研)平野敏行

5.ヒドロゲナーゼの応用とその課題(信州大農)伊原正喜




参加費 主催・協賛会員3,000円,学生無料(ただし,テキストが必要な場合は主催・協賛会員と同額),一般5,000円

技術交流会 17時~17時50分,SASTec 3階ホワイエにて。

参加申込方法  当日受付

申込・問合先 〒380-8553 長野市若里4-17-1 信州大学工学部環境機能工学科 林 文隆 

    電話: (026)269-5541 

    FAX: (026)269-5550

    E-mail: fhayash@shinshu-u.ac.jp